基本から最先端まで、マーケティングの専門メディア

share

中国でのKOLマーケティングを成功に導く秘訣

2018.12.04

中国のKOLインフルエンサーをイメージする画像

1.KOLマーケティングに欠かせない中国独自のSNS・メディア・アプリ

今や中国には独自のSNS・メディア・アプリが数多く存在しています。その中でもKOL(Key Opinion Leader)マーケティングに適した代表的なサービスを紹介します。

1.Weibo(微博・ウェイボー)、WeChat(微信・ウィーチャット)

Weibo(ウェイボー)は中国語圏最大のソーシャルメディアで、中国本土だけでなく、台湾や香港などの在中国人のいるアジアで幅広く利用されています。中国版FacebookやTwiterとも言われており、主に情報収集や企業と個人のコミュニケーションツールとして活用され、中国国内で最も影響力の強いSNSとされています。

WeChat(ウィーチャット)とは中国最大のメッセージングアプリで、中国版LINEと言われています。企業からのキャンペーン情報発信や個人ユーザー間メッセージ交換や通話として利用され、情報の共有がしやすいサービスです。

WeiboとWeChatのコンテンツの投稿方法は、テキスト+画像の他にもライブ配信や動画配信も可能です。KOLを使ったマーケティングの際には、製品に合わせて様々な方法でPRすることができます。

2.Red(小紅書・レッド)

コミュニティ機能を有する越境型ECアプリで、現在ユーザー数は7000万人以上を有し、世界でも最大級のソーシャルコマースプラットフォームです。

海外の化粧品やファッションなど、実際に製品を購入・使用したユーザーによるの口コミレビューが多数投稿されており、それを見たユーザーがそこから商品を購入することができる仕組みです。

既に、若い女性への圧倒的なシェアを誇り、信頼度も高く、KOLにおいて口コミによる波及効果が期待できます。

3.Huajiao(花椒直播・ファジョ)

Huajiao(ファジョ)は若者に人気の生放送アプリです。これは中国版youtuberのようなもので、配信主がおすすめする商品を生放送中に購入することができ、その収益の一部が配信主に還元されるという仕組みです。

配信主と閲覧者がコミュニケーションを取りながら交流できるので、紹介する商品への認知がより深まります。

2.投稿コンテンツの種類と効果

1.画像+テキスト

最も簡易な投稿法が画像とそれに付随するテキストをつけることです。KOLに画像やテキスト素材を送付し、KOLのアカウントから投稿することでフォロワー層へ訴求します。

2.動画配信

企業が製作した動画を投稿・配信するプロモーションです。KOLの持つフォロワーに速やかにリーチし、フォロワーの二次転送により更なる拡散が図れます。

3.ライブ配信

KOLが自宅や店舗内などからで生中継で動画配信を行います。ユーザーのコメントに答えたり、ユーザーとコミュニケーションを取りながら商品PRを行うので、よりユーザーに対して訴求を高めることが出来ます。

3.KOLを選ぶときの注意点

単純にフォロワーが多い、影響力が多いという理由でKOLを選ぶのは賢い選択とは言えません。いくつか注意点が存在しますので、KOL選びは慎重に行いましょう。インフルエンサーの中には、不正に「いいね」や「フォロワー」を集める人も存在します。ファン・フォロワーのアカウントがアクティブなのか否かなど、不正アカウントではないか、確認しましょう。

また、KOLのファン層と商品ターゲットが一致しているかどうかは必須条件です。これらが異なると、どれだけアピールしてもファンには響かず、認知・購入につながりません。

さらにKOLの意思を尊重することも重要です。KOLはなんもかんでも請け負うわけではありません。自分のイメージに合わない商品やサービスの依頼を受けることはないので、手間を減らすためにもKOLが過去にどんな企業のどんな商品をPRしていたのかできるだけ調べましょう。まずはKOL自身に商品やサービスを体感してもらい、ファンになってもらうとスムーズです。

4.KOLマーケティングサービスを提供する企業

自社製品を中国人KOLにPRしてもらうといって、なにをどこからどのようにすればいいのか分からない企業がほとんどだと思います。結論から言うとKOLマーケティングを自社ですべて行うのはかなりハードルが高めです。
そこで戦略設計からKOLキャスティング、マーケティング運用まで一括で行える国内マーケティング企業に依頼するのがおすすめです。

株式会社ココチエ

ココチエ中国旅行メディア広告出稿サービス

出典元:http://kokochie.co.jp/

2013年6月設立のマーケティングに非常に強い企業で企業です。手軽に始めやすい価格帯な上、日本語堪能な中国籍スタッフが在籍しているため競合リサーチやコンテンツ作成が強みの企業です。

5.まとめ

今、中国のネット社会は急激に発展・進化しています。新しいメディアが生み出され、新しいKOLが出現し続けています。KOLマーケティングを上手に活用するためにも中国のトレンドにも敏感でなければなりません。

しかし自社ですべてを賄うのは非現実的でしょう。そこで、中国マーケティングサービスのある中国ネット事情に詳しい企業と協力することが適切な方法と言えるでしょう。

この記事もオススメです

TOP