基本から最先端まで、マーケティングの専門メディア

share

株式会社シーズとFRPA、産業向け汎用ブロックチェーンの開発に成功 ~イーサリアムベースブロックチェーンの汎用コントラクトをWeb API提供へ~

2019.06.04 08:00:00

株式会社シーズ

株式会社シーズ(本社:東京都豊島区、代表取締役:玉井勝文)と一般社団法人フィンテック研究振興協会(略称:FRPA、本社:東京都豊島区、代表理事:伊東久雄)は、産業向け汎用ブロックチェーンを開発し販売を開始いたしました。


■開発の背景

産業用のブロックチェーンが注目を浴びる中、ブロックチェーン技術を習得しているエンジニアはまだまだ少なく、開発人員が足りていないのが現状です。
シーズとFRPAは国内でのブロックチェーン普及を目指すとともに、一般的なアプリケーション開発の知識を有するエンジニアであれば DApps (分散型アプリケーション)を容易に構築できる「汎用ブロックチェーン」を開発いたしました。


■内容

汎用ブロックチェーンは、さまざまな業種のアプリケーションに対応可能なブロックチェーンの動作処理を事前に複数用意し(コントラクトの汎用化)、ブロックチェーンの知識を習得していなくてもWeb APIでブロックチェーンの登録等の操作ができます。
また、複数のアプリケーションで1つのブロックチェーンを使うことも可能で、コントラクトの汎用化と合わせて導入コスト削減に大きく貢献し、より低予算でブロックチェーンを導入することができます。


■特長

1.大幅な価格低減を実現
コントラクトを汎用化することで、従来の開発コストを大幅に抑えることを実現。
ベースのブロックチェーンが出来上がっているので、お客様のニーズに沿ったカスタマイズのみで納品ができます。

2.複数のDAppsで1つのブロックチェーンを使用できるマルチDAppsプラットフォーム
Web APIで複数のDAppsから1つのブロックチェーンに記録・参照することが可能です。
ブロックチェーンにつながるDAppsは、他のDAppsからデータを閲覧することができないセキュアな構造となっています。

3.大容量データも紐づけられるメタ分散ファイルシステム
ブロックチェーンに画像データなどをそのまま記録する場合、現在は名刺サイズ程度の画像を登録するのが容量的に限界です。
しかしメタ分散ファイルシステムでは、データは分散化し、メタ情報だけをブロックチェーンに記録することで、大容量データでも改ざんされていないことを証明することができます。


■活用

シーズは汎用ブロックチェーンを基にさまざまな業種に対応したアプリケーションのベースを既に構築しており、お客様のニーズに沿ってUIをカスタマイズした後、納品させていただきます。

活用事例は多岐にわたり、 人事評価システム / 店舗評価 / アンケート / 総合サービス評価 / 楽曲販売 / 動画配信 / 論文発表 / 診療情報履歴 / 計測データ保証収集記録 / ビッグデータ保証収集記録 / 保守・点検保証記録 / ポイント発行システム / トレーサビリティシステム / 地域通貨 / 町おこし通貨 などの用途にご活用いただけます。


■お問い合わせ先

株式会社シーズ
 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-6-10プリモプラート5F
 TEL: 03-6907-2331
 担当者: 後藤勝由
 E-mail: goto@sees.tokyo


■関連サイト

【ブロックチェーン導入のご案内】
 ブロックチェーン導入支援 https://sees.tokyo/blockchain/

【ブロックチェーン活用事例のご紹介】
 ブロックチェーンマーケット https://function5.biz/bc-mart/

株式会社シーズ https://sees.tokyo/

一般社団法人フィンテック研究振興協会(FRPA) https://frpa.tech/


News2uリリース詳細へ

付帯情報

マルチDAppsプラットフォーム
http://itm.news2u.net/items/output/165939/1

メタ分散ファイルシステム
http://itm.news2u.net/items/output/165939/2

この記事もオススメです

TOP